« 第64回日本放送映画藝術大賞放送部門一般投票! | トップページ | 女優の綾瀬はるかが日本ケンタッキー・フライド・チキンのブランド大使に! »

2010年1月18日 (月)

「ホリプロ」創業50周年記念映画に綾瀬はるか出演発表

大手芸能プロダクション「ホリプロ」が、創業50周年記念映画を製作することが17日、分かった。サスペンス映画「インシテミル」(中田秀夫監督、今秋公開)で、主演10人のうち、片平なぎさ(50)をはじめ藤原竜也(27)、綾瀬はるか(24)ら同社所属の人気俳優8人が決定。残る2人も近く発表される。オールホリプロキャストによる映画は初めてで、片平は「ワクワクしております」と期待に胸を膨らませている。

アニバーサリーにふさわしい豪華キャストが顔を揃えた。“2時間ドラマの女王”の異名を持つ片平を筆頭に、平山あや(26)、武田真治(37)、北大路欣也(66)、阿部力(27)、藤原、綾瀬、石原さとみ(23)…。全員が映画主演経験を持つほか、ドラマやCMなど幅広く活躍するホリプロの“看板俳優”たちばかりだ。
そんな夢のようなメンバーによって作られる記念作品は、07年に発売された米澤穂信氏の同名小説が原作の心理サスペンス。時給11万2000円という高額な求人広告で集まった10人が、密室の館に閉じ込められ、殺人ゲームに巻き込まれる内容。1人殺され、また1人が殺され…というスリリングな物語だ。「リング」シリーズなどで知られるジャパニーズホラーの旗手、中田監督がメガホンを取る。

50周年映画として昨年12月に感動作「ウルルの森の物語」を製作しており、今作ではエンターテインメント性を追求。菅井敦執行役員(48)は「50周年ということで、主演を張っているキャストでやりたかった。原作も面白く、登場人物がそれぞれのキャラクターに合っていた」と8人を起用した理由を説明。
近く、残るキャスト2人が発表されるが、1人は同社所属の男優で、もう1人は31日に決まる同社主催の新人俳優オーディションの優勝者。40周年の際にも記念映画を2本製作したが、オールホリプロキャストは今回が初めてとなる。

菅井氏は「会長の堀義貴が、『主役が100人いる会社にしたい』と話していたので、多少なりともその目標に近づいたと思います」と自信を見せた。

今年で同社在籍36年目を迎えた片平は「非力ながら、人生50周年を迎えた私も参加させていただく事となり、とてもワクワクしております。単なるお祭り映画に終わらぬようみんなで力を合わせ、魅力的な作品を50年支えてくださった皆様にお届けしたいと思います」と、3月のクランクインを心待ちにしている。

|

« 第64回日本放送映画藝術大賞放送部門一般投票! | トップページ | 女優の綾瀬はるかが日本ケンタッキー・フライド・チキンのブランド大使に! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ホリプロ」創業50周年記念映画に綾瀬はるか出演発表:

« 第64回日本放送映画藝術大賞放送部門一般投票! | トップページ | 女優の綾瀬はるかが日本ケンタッキー・フライド・チキンのブランド大使に! »