« 大ヒットドラマ『JIN-仁-』がギャラクシー賞を受賞! | トップページ | 第52回ブルーリボン賞邦画ベスト10 »

2010年1月28日 (木)

綾瀬はるか主演女優賞、ありがとおっぱい!

綾瀬はるか主演女優賞、ありがとおっぱい!
綾瀬はるか主演女優賞、ありがとおっぱい!


サンケイスポーツなど在京スポーツ7紙の映画記者が選ぶ「第52回ブルーリボン賞」各賞が27日、決定した。「おっぱいバレー」で主演女優賞に輝いた綾瀬はるか(24)は「こういうタイトルなんですけど、いただけて光栄です」と照れながらも“ムネ”を張った。主演男優賞は「ディア・ドクター」で笑福亭鶴瓶(58)が受賞した。授賞式は2月16日に東京・銀座ブロッサムで行われる。

「ありがと“おっぱい”です!」

撮影現場で交わされていた“あいさつ”で綾瀬は受賞を喜んだ。演技力はもちろん、「おっぱい」というタイトルに果敢に挑戦したことが評価されたと聞かされると、思わず笑顔がはじけた。

とはいえ、綾瀬も年頃の女の子。出演依頼が来たときは、「いやらしい映画かなと…。青春映画と分かっても、(タイトルを)ぜひ変えてほしいと思ってました」。それだけに「賞をいただいて(このタイトルで)よかった。『変な映画じゃないんだ』って思ってもらえれば(笑)」と喜びもひとしおだ。

「僕の彼女はサイボーグ」(08年)でのサイボーグや「ICHI」(08年)での座頭市など非現実的な役が多かった綾瀬にとって、先生役は「久しぶりの“普通”の役」。甘えんぼの末っ子気質のため、生徒に命令するのは違和感があり戸惑ったが、理解に苦しんだのは男心だった。

台本を読んでも「そこまでおっぱいに執着するものなのか? 過剰じゃないか?」という疑問があったが、共演する生徒役の男の子たちが本気でパンツをのぞこうとする姿を目の当たりにし、「あ、やっぱりそうなんだと(笑)」。

そんなおバカな男については、「かわいい」といい、「バカってステキ。何かに失敗するのが怖くて固まってるよりも、失敗して『お前、バカだな』って言われる人生の方が幸せだな」と語った。

同作を通じ「仕事に対して意欲が出てきた」という綾瀬。「もっと役を好きになって全力で取り組んでいきたい」。期待におっぱい…胸が膨らむばかりだ。
作品賞
劔岳

監督賞
西川美和 ディアドクター

主演男優賞
笑福亭鶴瓶 ディアドクター

主演女優賞
綾瀬はるか おっぱいバレー

助演女優賞
深田恭子 ヤッターマン

助演男優賞
瑛太 ディアドクター

新人賞
岡田将生
木村大作監督
外国映画賞
グラントリノ
特別賞
釣りバカ日誌シリーズ


主演女優賞 綾瀬はるか

「こういうタイトルで賞をいただけて、本当にうれしかった。ありがとおっぱいです」


∇受賞おめでとう!はるか姫w

|

« 大ヒットドラマ『JIN-仁-』がギャラクシー賞を受賞! | トップページ | 第52回ブルーリボン賞邦画ベスト10 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綾瀬はるか主演女優賞、ありがとおっぱい!:

» おっぱいバレー [Blu-ray] | [お買い得連絡通信]
おっぱいバレー [Blu-ray]出演:綾瀬はるか /青木崇高 /仲村トオル /... [続きを読む]

受信: 2010年2月 2日 (火) 19時35分

« 大ヒットドラマ『JIN-仁-』がギャラクシー賞を受賞! | トップページ | 第52回ブルーリボン賞邦画ベスト10 »