« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

「綾瀬 はるか」は初のトップ10入り!「テレビタレントイメージ」

「綾瀬 はるか」は初のトップ10入り!「テレビタレントイメージ」
「綾瀬 はるか」は初のトップ10入り
ビデオリサーチ「テレビタレントイメージ2010年2月度調査」


男性タレント人気度1位は「イチロー」で、第71回調査(2008年2月度)から数えて5回連続。「福山 雅治」は過去最高位の2位に急上昇。昨年の国内男子ゴルフ賞金王の「石川 遼」が4位に躍進し、「加藤 清史郎」は初登場18位にランクイン。

女性タレント人気度は、「DREAMS COME TRUE」が1位に返り咲き、バンクーバーオリンピックで活躍した「浅田 真央」はトップに僅差の2位。「綾瀬 はるか」が8位(前回11位)で、初のトップ10入り。 50位内には、「イモトアヤコ」が初登場で30位に入った。

本調査は、テレビで活躍するタレント・有名人1,000人の知名度・人気度・イメージ評価データを体系的に収集しており、テレビ番組やCMのキャスティングの際の基礎データとして広くご利用いただいています。
1973年に調査を開始し、2007年8月度(第70回調査)より調査対象者年齢を満10歳〜59歳から、満10歳〜69歳に変更しました。

調査概要

調査期間
2010年1月30日(土)〜2月7日(日)

調査地域
東京駅を中心とした半径30km圏

調査対象者
満10歳〜69歳の男女個人

綾瀬はるか
今回初のトップ10入り!

過去ランク順位
・2007年2月度  第44位
・2007年8月度 圏外
・2008年2月度 圏外
・2008年8月度 圏外
・2009年2月度 22位
・2009年8月度 11位


〇女性タレント人気度上位40

順位 タレント名 人気度(%)
1 吉田美和(DREAMS COME TRUE) 49.0
2 浅田 真央 48.8
3 ベッキ− 47.8
4 天海 祐希 46.4
5 吉永 小百合 45.1
6 上戸 彩 44.4
7 菅野 美穂 42.5
8 綾瀬 はるか 41.1
9 松嶋 菜々子 40.4
10 黒木 瞳 40.2
11 仲間 由紀恵 39.6
12 優香 37.3
13 新垣 結衣 35.9
14 安室 奈美恵 35.4
15 柴咲 コウ 34.7
16 樹木 希林 34.5
16 山口 智子 34.5
18 蒼井 優 34.2
19 柳原 可奈子 34.0
20 中島 みゆき 33.1
21 松任谷 由実 32.9
22 篠原 涼子 32.7
23 常盤 貴子 32.6
23 小林 聡美 32.6
25 柴田 理恵 32.2
25 室井 滋 32.2
25 竹内 結子 32.2
28 真矢 みき 32.0
29 深津 絵里 31.9
30 イモトアヤコ 31.7
31 森三中 31.3
32 宮ざき あおい 31.0
33 久本 雅美 30.8
34 友近 30.3
34 絢香 30.3
36 松 たか子 30.1
36 江角 マキコ 30.1
38 上野 樹里 29.6
39 深田 恭子 29.4
40 クルム伊達 公子 29.2
40 関根 麻里 29.2
40 八千草 薫 29.2
40 戸田 恵子 29.2
44 米倉 涼子 29.0
44 観月 ありさ 29.0
46 小西 真奈美 28.7
47 松下 由樹 28.5
48 小泉 今日子 28.3
49 井上 真央 28.1
50 清水 ミチコ 28.0

〇男性タレント人気度上位20
順位 タレント名 人気度

1 イチロ− 57.0
2 福山 雅治 50.6
3 阿部 寛 50.4
4 石川 遼 49.7
5 明石家 さんま 49.2 6 石塚 英彦 49.0
7 所 ジョ−ジ 46.7
8 ビ−トたけし(北野武) 44.6
9 山口 智充 44.2
10 桑田 佳祐 44.1
11 志村 けん 43.0
12 タカアンドトシ 42.7 13 木梨 憲武 42.3
14 くりぃむしちゅ− 41.9
15 岡村 隆史 41.2
16 Mr. Children 40.0
17 唐沢 寿明 39.8
18 加藤 清史郎※ 39.3 19 タモリ 38.4
19 関根 勤 38.4
19 香取 慎吾 38.4
19 西田 敏行 38.4

以上

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月24日 (水)

綾瀬はるかさんへお誕生日おめでとう!メッセージ

綾瀬はるかさんへお誕生日おめでとう!メッセージ
☆綾瀬はるかさん☆

「お誕生日おめでとうございます。」

笑顔の似合うあなたへ。
Happy Birthday!
大切なあなたへ心をこめて感謝の気持ちを贈ります。
25歳素敵なレディーになって下さい。
一度しかない25歳。
思い出を沢山作ってください。
これからも変わらずに今のままのあなたでいて下さい。
いつも感動を与えて下さってありがとうございます。
がんばっているあなたを
ファンは応援し続けます。
Happy な時も、そうでない時も…負けないで。
でも無理をしないで。
ファンはあなたをいつでも励まし、応援を贈り続けています。
更なるご活躍楽しみにしています。」

綾瀬はるかファン一同より


綾瀬はるか応援blog
CyborgSheFC☆僕の彼女ははるか!☆

evomasa49

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日3月24日は、綾瀬はるかさんのお誕生日ですw

今日3月24日は、綾瀬はるかさんのお誕生日ですw
今日3月24日は、綾瀬はるかさんのお誕生日ですw
映画、ドラマ、CM等でのご活躍で、いつも感動を与えて貰っている全国の綾瀬はるかファンの皆様、ファンメールにて感謝の気持ちを込めた誕生日おめでとうメッセージを贈りましょう(^-^)/


綾瀬はるかさんにファンメールを送ることができます。
贈り先は下記の通りです。
URL
http://www5.horipro.co.jp/square-j/hs111/008/


詳細は以下の通りですが注意点お間違えないようお願いします。


【名前】
(ペンネームでも可)

【住所】

【性別】

【年齢】

【内容】
※半角カタカナ、絵文字は使用しないで下さい。
※制限文字数は全角150文字(半角300文字)です。
以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

勧めたくなる“マンガ原作ドラマ”TOP10

勧めたくなる“マンガ原作ドラマ”TOP10
勧めたくなる“マンガ原作ドラマ”TOP10


 週刊エンタテインメント誌『オリ☆スタ』は、19日発売の3/29号で『実写化エンタメランド 2010』と題してマンガを原作とした実写版ドラマ、映画特集を掲載。2008年、09年で放送されたドラマの中から“必見!”と、周囲に薦めたくなる作品TOP10を発表した。その結果、1位は音楽コミックとして不動の人気を誇る【のだめカンタービレ】(フジテレビ系)、2位は不良少年と熱血教師が織り成す青春ドラマ【ROOKIES-ルーキーズ-】(TBS系)、そして3位には異色ミステリー【ライアーゲーム】(フジテレビ系)がランクインした。上位3作はいずれもドラマとしても爆発的な人気を獲得し、その後映画公開となった話題作ばかり。“原作の世界観をこわさないで”というファンの想いに応えた秀作が出揃った。

 1位は“オレ様”王子・千秋と、自由奔放なのだめの成長を軸に、クラシック音楽家を目指す若者達の夢と葛藤を描いた『のだめカンタービレ』。実写版では主人公を演じた俳優・玉木宏&上野樹里コンビをはじめ、アフロヘアのオカマ・真澄ちゃんをイケメン俳優・小出恵介が演じるなど、旬な俳優たちが原作の世界観と一切ブレのない“のだめ”ワールドを見事体現。「コミックの面白さがそのまま残っている」(栃木県/18歳/女性)と絶賛されている。

 そして2位には森田よしのり氏原作の青春マンガ『ROOKIES-ルーキーズ-』がランクイン。実写版では俳優・佐藤隆太が熱血教師を体当たりで演じ、生徒役の市原隼人をはじめ城田優、佐藤健、五十嵐隼士ら多くのイケメン若手俳優たちも同作で一躍その名を全国に知られることになった。続く3位には女優・戸田恵梨香と松田翔太が異色のミステリーを繰り広げる【ライアーゲーム】が支持されている。

 このほかにも現代から幕末の過去へタイムスリップしてしまう、医療系コミック【JIN-仁-】(TBS系)が6位に浮上しており、こちらはTOP10中、唯一の時代劇作品。ドラマ最終回の平均視聴率が25.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)という高視聴率で有終の美を飾り、来年には映画公開が決定していることから、こちらも大ヒットを予感させる。


 原作コミックの人気が高ければ高いほど、実写化は難しいとされ、またその向かい風に立ち向かうスタッフや役者たちの力量も問われるところ。しかし、コミックの世界観を残しつつ、実写ならではの生き生きとしたキャラクターたちの姿が、さらに深く原作ファンの心をつかんだようだ。

【調査概要】
調査時期:2010年2月23(火)〜2月25日(木)
調査対象者:合計500サンプル(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の16歳〜29歳の男女。女性300名、男性200名)
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国

勧めたくなる“マンガ原作ドラマ”TOP10

番組名 主な出演者

1位 【のだめカンタービレ】 (フジテレビ系) 上野樹里
玉木宏

2位 【ROOKIES-ルーキーズ-】 (TBS系) 佐藤隆太
市原隼人

3位 【ライアーゲーム】 (フジテレビ系) 松田翔太
戸田恵梨香

4位 【ごくせん】 (日本テレビ系) 仲間由紀恵

5位 【花ざかりの君たちへ
 〜イケメン♂パラダイス〜】 (フジテレビ系) 堀北真希
小栗旬

6位 【JIN-仁-】 (TBS系) 大沢たかお
中谷美紀

7位 【メイちゃんの執事】 (フジテレビ系) 榮倉奈々
水嶋ヒロ

8位 【特命係長 只野仁】 (テレビ朝日系) 高橋克典
永井大

9位 【ハチミツとクローバー】 (フジテレビ系) 生田斗真
成海璃子

10位 【ブラッディ・マンデイ】 (TBS系) 三浦春馬
佐藤健


以上

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドラマ・オブ・ザ・イヤー2009大賞 「JIN−仁−」

ドラマ・オブ・ザ・イヤー2009大賞 「JIN−仁−」
 産経新聞社発行の「月刊TVnavi」(発売・日本工業新聞新社)の読者がはがき投票で選ぶ「ドラマ・オブ・ザ・イヤー2009」の大賞(最優秀作品賞)に、TBS系「日曜劇場 JIN−仁−」が選ばれた。

 最優秀主演男優賞には本作で、江戸時代にタイムスリップ 最優秀主演男優賞には本作で、江戸時代にタイムスリップした脳外科医・南方仁を演じた大沢たかお(42)が輝いた。さらに、坂本龍馬役の内野聖陽(41)が最優秀助演男優賞、武家の娘・橘咲を演じた綾瀬はるか(24)が最優秀助演女優賞を受賞し、初の4冠を達成した。

 昨年10〜12月期に放送された「JIN−仁−」は同名の人気漫画が原作。「SFものでも違和感なくドラマに没頭できた」「出演者の言葉一つ一つが心に響いた」など読者の評価が高かった。


ドラマ・オブ・ザ・イヤー2009

[ 第6回 受賞結果 ]

大賞 「JIN−仁−」

主演男優賞  大沢たかお

主演女優賞  天海祐希

助演男優賞  内野聖陽

助演女優賞  綾瀬はるか

新人賞[男優] 中丸雄一


ドラマ・オブ・ザ・イヤー2008

[ 第5回 受賞結果 ]

大賞 「 魔王 」

主演男優賞  大野智

主演女優賞  宮崎あおい

助演男優賞  瑛太

助演女優賞  上野樹里

新人賞[男優] 山田涼介

新人賞[女優] 比嘉愛未


ドラマ・オブ・ザ・イヤー2007

[ 第4回 受賞結果 ]

大賞 「 華麗なる一族 」

主演男優賞  木村拓哉

主演女優賞  篠原涼子

助演男優賞  小栗旬

助演女優賞  新垣結衣

新人賞[男優] 田口淳之介

新人賞[女優] 多部未華子


ドラマ・オブ・ザ・イヤー2006

[ 第3回 受賞結果 ]

大賞 「 のだめカンタービレ 」

主演男優賞  草なぎ剛

主演女優賞  篠原涼子

助演男優賞  福士誠治

助演女優賞  沢尻エリカ

新人賞[男優] 田中聖

新人賞[女優] 村上知子


ドラマ・オブ・ザ・イヤー2005

[ 第2回 受賞結果 ]

大賞 「 野ブタ。をプロデュース 」

主演男優賞  滝沢秀明

主演女優賞  仲間由紀恵

助演男優賞  松本潤

助演女優賞  薬師丸ひろ子

新人賞[男優] 亀梨和也

新人賞[女優] 堀北真希


ドラマ・オブ・ザ・イヤー2004

[ 第1回 受賞結果 ]

大賞 「 砂の器 」

最優秀主演男優賞 中居正広

最優秀主演女優賞 松下由樹

最優秀助演男優賞 山本耕史

最優秀助演女優賞 松雪泰子

新人賞[男優] 亀梨和也

特別賞 美山加恋


以上

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月15日 (月)

<綾瀬はるか>脚を投げ出し、至福の表情 食べたアイスは30本! 「ジャイアントコーン」CM

<綾瀬はるか>脚を投げ出し、至福の表情 食べたアイスは30本! 「ジャイアントコーン」CM
<綾瀬はるか>脚を投げ出し、至福の表情 食べたアイスは30本! 「ジャイアントコーン」CM


女優の綾瀬はるかさん(24)が、江崎グリコのアイスクリーム「ジャイアントコーン」の新CMに出演する。帰宅して入浴後に脚を投げ出し、「ジャイアントコーン」を食べてうっとりする至福の表情を見せている。15日から全国で放送。

新CM「甘えさせてね」編は、綾瀬さんには同CMの3作目となり、綾瀬さん演じる女性会社員が、職場から帰宅して入浴後、部長のオヤジギャグや自慢話に愛想笑いをする昼間の自分を思い出しながら、ソファでゆったり、のんびりとくつろいで「ジャイアントコーン」を幸せそうに食べるという内容。CMの中で綾瀬さんはシャンソン風に「時々自分を甘やかそう……」と歌声も披露している。撮影では合計30本の「ジャイアントコーン」を食べたという。
江崎グリコのホームページ(http://www.glico.co.jp/)では、ウェブ限定のスペシャルCM「今日も頑張る!OL綾瀬さんの1週間」を10日から公開。部長との掛け合い5パターンが曜日ごとに変わる。

「ジャイアントコーン」は、「チョコナッツ」「クッキー&チョコ」「クッキークリーム」の三つの味で、さらに個性を強化して1日にリニューアル発売した。各126円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第64回日本放送映画藝術大賞放送部門の最優秀作品賞決定!「JIN-仁-」受賞!

第64回日本放送映画藝術大賞放送部門の最優秀作品賞決定!「JIN-仁-」受賞!
最優秀助演女優賞
SUPPORTING ACTRESS OF THE YEAR

綾瀬はるか
『JIN−仁−』

優秀助演女優賞
■ 綾瀬はるか
  『J I N ‐ 仁 ‐』
□ 石田ゆり子
  『外事警察』
□ 菅野美穂
  『坂の上の雲 第一部』
□ 黒木メイサ
  『任侠ヘルパー』
□ ミムラ
  『銭ゲバ』


最優秀新人賞
ROOKIE OF THE YEAR

佐藤智仁
『ヴォイス 命なき者の声』

優秀新人賞
□ 岡田将生
  『乙 男 オトメン』
□ 加藤清史郎
  『天地人』
□ 佐藤 健
  『メイちゃんの執事』
■ 佐藤智仁
  『ヴォイス 命なき者の声』
□ 吉高由里子
  『白い春』
  『東京DOGS』


最優秀助演男優賞
SUPPORTING ACTOR OF THE YEAR

小栗 旬
『天地人』

優秀助演男優賞
□ 内野聖陽
  『J I N ‐ 仁 ‐』
■ 小栗 旬
  『天地人』
□ 香川照之
  『坂の上の雲 第一部』
□ 高橋克実
  『官僚たちの夏』
  『刑事一代』
□ 吉岡秀隆
  『警官の血』


最優秀主演男優賞
LEADING ACTOR OF THE YEAR

大沢たかお
『JIN−仁−』

優秀主演男優賞
□ 伊勢谷友介
  『白洲次郎』
■ 大沢たかお
  『J I N ‐ 仁 ‐』
□ 草序イ 剛
  『任侠ヘルパー』
□ 佐藤浩市
  『官僚たちの夏』
□ 渡部篤郎
  『外事警察』

最優秀主演女優賞
LEADING ACTRESS OF THE YEAR

中谷美紀
『白洲次郎』
『JIN−仁−』

優秀主演女優賞
□ 天海祐希
  『BOSS』
□ 稲森いずみ
  『アイシテル 海 容』
□ 尾野真千子
  『外事警察』
  『火の魚』
■ 中谷美紀
  『白洲次郎』
  『J I N ‐ 仁 ‐』
□ 夏川結衣
  『任侠ヘルパー』
  『春さらば』


最優秀作品賞
PICTURE OF THE YEAR

『JIN−仁−』

優秀作品賞
□ 『刑事一代』
□ 『官僚たちの夏』
□ 『坂の上の雲 第一部』
■ 『J I N ‐ 仁 ‐』
□ 『任侠ヘルパー』

最優秀監督賞
DIRECTOR OF THE YEAR

石橋 冠
『刑事一代』

優秀監督賞
■ 石橋 冠
  『刑事一代』
□ 大友啓史
  『白洲次郎』
□ 澤田鎌作
  『不毛地帯』
□ 西谷 弘
  『任侠ヘルパー』
□ 堀切園健太郎
  『外事警察』

最優秀脚本賞
SCREENPLAY OF THE YEAR

古家和尚
『任侠ヘルパー』

優秀脚本賞
□ 古沢良太
  『外事警察』
□ 林 宏司
  『BOSS』
■ 古家和尚
  『任侠ヘルパー』
□ 吉本昌弘
  『アイシテル 海 容』
  『刑事一代』
□ 渡辺あや
  『火の魚』

第64回
日本放送映画藝術大賞

放送部門の各賞の最優秀賞が決定し次第、
随時各賞をご紹介してまいります。

【放送部門】
本年度はドラマ『不毛地帯』が半年クールでの放送となりましたので、3月11日(木)放送の最終回を待っての優秀賞の発表となりましたが、今年は各テレビ局の記念作品が乱立し、明治や昭和を題材にした時代物が非常に多く見受けられました。そのため、いずれも劣らぬ大接戦となり、各賞ともに分かれるのは間違いないかと思います。個人的には優秀賞に届かなかった作品を選びたいくらい・・・。

最優秀照明賞
LIGHT DIRECTOR OF THE YEAR

鈴木 岳
『外事警察』
『白洲次郎』

優秀照明賞
□ 佐野清隆
  『坂の上の雲 第一部』
□ 鋤野雅彦
  『官僚たちの夏』
■ 鈴木 岳
  『外事警察』
  『白洲次郎』
□ 林 広一
  『トライアングル』
  『不毛地帯』
□ 藤原武夫
  『警官の血』

最優秀録音賞

□ 天野 透
  『白洲次郎』
■ 瓜生公伸
  『刑事一代』
□ 甲斐 匡
  『警官の血』
□ 小高康太郎・下山田淳
  『官僚たちの夏』
□ 鈴木恒次
  『外事警察』

最優秀編集賞
FILM SDITING OF THE YEAR

山田宏司
『警官の血』
『官僚たちの夏』

優秀編集賞
□ 石川真紀子
  『外事警察』
□ 大庭弘之
  『白洲次郎』
□ 白水孝幸
  『ありふれた奇跡』
  『BOSS』
■ 山田宏司
  『警官の血』
  『官僚たちの夏』
□ 山本正明
  『任侠ヘルパー』

最優秀主題歌賞
THEME-SONG OF THE YEAR

コブクロ
『官僚たちの夏』

優秀主題歌賞
□ いきものがかり
  『ぼくの妹』
□ EXILE
  『東京DOGS』
■ コブクロ
  『官僚たちの夏』
□ Superfly
  『BOSS』
□ MISIA
  『J I N ‐ 仁 ‐』

最優秀衣装デザイン賞
COSTUME DESIGN OF THE YEAR

伊藤佐智子
『白洲次郎』

優秀衣装デザイン賞
□ 会田晶子
  『刑事一代』
■ 伊藤佐智子
  『白洲次郎』
□ 沖田正次
  『不毛地帯』
□ 谷村未来
  『BOSS』
□ 柳生悦子・平山 晋
  『坂の上の雲 第一部』

最優秀メイクアップ賞
MAKE-UP OF THE YEAR

内野晶子/西巻千代江
『不毛地帯』

優秀メイクアップ賞
■ 内野晶子・西巻千代江
  『不毛地帯』
□ 江川悦子・松井祐一
  『J I N ‐ 仁 ‐』
□ 斎藤恵理子・吉野節子
  『警官の血』
□ 斎藤美穂・林 智子
  『BOSS』
□ 永嶋麻子・中田彰輝
  『任侠ヘルパー』

最優秀視覚効果賞
VISUAL EFFECTS OF THE YEAR

中沢一郎/大西康仁
『坂の上の雲 第一部』

優秀視覚効果賞
□ 小原彰夫
  『警官の血』
□ 田中浩征
  『J I N ‐ 仁 ‐』
□ 戸枝誠憲・山本貴歳
  『刑事一代』
■ 中沢一郎・大西康仁
  『坂の上の雲 第一部』
□ 富士川祐輔・浅野秀二
  『不毛地帯』

最優秀音響効果賞
SOUND EFFECTS OF THE YEAR

近藤隆史
『不毛地帯』

優秀音響効果賞
□ 菊池 昇
  『警官の血』
□ 小西善行・岡瀬晶彦
  『黒部の太陽』
■ 近藤隆史
  『不毛地帯』
□ 谷口広紀
  『J I N ‐ 仁 ‐』
  『任侠ヘルパー』
□ 西ノ宮金之助
  『坂の上の雲 第一部』

最優秀新人賞
ROOKIE OF THE YEAR

佐藤智仁
『ヴォイス 命なき者の声』

優秀新人賞
□ 岡田将生
  『乙 男 オトメン』
□ 加藤清史郎
  『天地人』
□ 佐藤 健
  『メイちゃんの執事』
■ 佐藤智仁
  『ヴォイス 命なき者の声』
□ 吉高由里子
  『白い春』
  『東京DOGS』


最優秀撮影賞
FILMOGRAPHY OF THE YEAR
村瀬 清/鈴木富夫
『警官の血』

優秀撮影賞
□ 佐々木達之介
  『白洲次郎』
□ 清水昇一郎・岡田 裕
  『坂の上の雲 第一部』
□ 相馬和典
  『外事警察』
■ 村瀬 清・鈴木富夫
  『警官の血』
□ 山下 悟
  『刑事一代』

最優秀音楽賞
MUSIC DIRECTOR OF THE YEAR

高見 優/長岡成貢
『JIN−仁−』

優秀音楽賞
□ 河野 伸・高見 優
  『任侠ヘルパー』
□ 佐橋俊彦
  『官僚たちの夏』
■ 高見 優・長岡成貢
  『J I N ‐ 仁 ‐』
□ 仲西 匡
  『警官の血』
  『白い春』
□ 久石 譲
  『坂の上の雲 第一部』

最優秀美術賞
ART DIRECTOR OF THE YEAR

山下恒彦/小林史洋
『坂の上の雲 第一部』

優秀美術賞
□ 関口保幸・根本研二
  『黒部の太陽』
  『不毛地帯』
□ 都築雄二
  『白洲次郎』
□ 永田周太郎
  『J I N ‐ 仁 ‐』
  『MR.BRAIN』
■ 山下恒彦・小林史洋
  『坂の上の雲 第一部』
□ 宮崎 洋・石井哲也
  『刑事一代』

   以上の方々に決まりました。おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

第64回日本放送映画藝術大賞映画部門の各最優秀賞決定!渡辺謙&松たか子さん

最優秀主演男優賞
LEADING ACTOR OF THE YEAR

渡辺 謙
『沈まぬ太陽』

優秀主演男優賞
□ 浅野忠信
  『劔 岳 点の記』
  『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
□ 堺 雅人
  『南極料理人』
  『クヒオ大佐』
□ 笑福亭鶴瓶
  『ディア・ドクター』
□ 松山ケンイチ
  『ウルトラミラクルラブストーリー』
  『カムイ外伝』
■ 渡辺 謙
  『沈まぬ太陽』


最優秀主演女優賞
LEADING ACTRESS OF THE YEAR

松たか子
『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』

優秀主演女優賞
□ 綾瀬はるか
  『おっぱいバレー』
□ 小西眞奈美
  『のんちゃんのり弁』
□ ペ・ドゥナ
  『空気人形』
■ 松たか子
  『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
□ 松坂慶子
  『大阪ハムレット』


最優秀助演女優賞
SUPPORTING ACTRESS OF THE YEAR

余貴美子
『ディア・ドクター』

優秀助演女優賞
□ 天海祐希
  『カイジ 人生逆転ゲーム』
□ 中谷美紀
  『ゼロの焦点』
□ 満島ひかり
  『愛のむきだし』
□ 八千草薫
  『ディア・ドクター』
■ 余貴美子
  『ディア・ドクター』


最優秀助演男優賞
SUPPORTING ACTOR OF THE YEAR

香川照之
『劔 岳 点の記』

優秀助演男優賞
□ 瑛 太
  『ディア・ドクター』
■ 香川照之
  『劔 岳 点の記』
□ 堺 雅人
  『ジェネラル・ルージュの凱旋』
□ 玉山鉄二
  『ハゲタカ』
□ 三浦友和
  『沈まぬ太陽』


最優秀作品賞
PICTURE OF THE YEAR

『沈まぬ太陽』

優秀作品賞
□ 『愛のむきだし』
□ 『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
■ 『沈まぬ太陽』
□ 『劔 岳 点の記』
□ 『ディア・ドクター』

最優秀監督賞
DIRECTOR OF THE YEAR

木村大作
『劔 岳 点の記』

優秀監督賞
■ 木村大作
  『劔 岳 点の記』
□ 園 子温
  『愛のむきだし』
  『ちゃんと伝える』
□ 西川美和
  『ディア・ドクター』
□ 横浜聡子
  『ウルトラミラクルラブストーリー』
□ 若松節朗
  『沈まぬ太陽』

最優秀脚本賞
SCREENPLAY OF THE YEAR

西川美和
『ディア・ドクター』

優秀脚本賞
□ 大森寿美男
  『風が強く吹いている』
□ 緒方 明・鈴木卓爾
  『のんちゃんのり弁』
□ 是枝裕和
  『空気人形』
□ 田中陽造
  『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
■ 西川美和
  『ディア・ドクター』

最優秀新人賞
ROOKIE OF THE YEAR

岡田将生
『重力ピエロ』
『僕の初恋をキミに捧ぐ』

優秀新人賞
■ 岡田将生
  『重力ピエロ』
  『僕の初恋をキミに捧ぐ』
□ 高良健吾
  『ハゲタカ』
  『南極料理人』
□ 西島隆弘
  『愛のむきだし』
□ 満島ひかり
  『愛のむきだし』
□ 渡辺大知
  『色即ぜねれいしょん』


最優秀外国映画作品賞
FOREIGN PICTURE OF THE YEAR

『グラン・トリノ』

優秀外国映画作品賞
□ 『愛を読む人』
■ 『グラン・トリノ』
□ 『スラムドッグ$ミリオネア』
□ 『チェンジリング』
□ 『母なる証明』


最優秀アニメーション作品賞
ANIMATION OF THE YEAR

『サマーウォーズ』

優秀アニメーション作品賞
□ 『エヴァンゲリオン 新劇場版・破』
■ 『サマーウォーズ』
□ 『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』
□ 『マイマイ新子と千年の魔法』
□ 『よなよなペンギン』

最優秀ドキュメンタリー作品賞
DOCUMENTARY OF THE YEAR

『花と兵隊』

優秀ドキュメンタリー作品賞
□ 『風のかたち』
□ 『河を渡る人びと』
□ 『沈黙を破る』
□ 『泣きながら生きて』
■ 『花と兵隊』

最優秀撮影賞
FILMOGRAPHY OF THE YEAR

木村大作
『劔 岳 点の記』

優秀撮影賞
■ 木村大作
  『劔 岳 点の記』
□ 柴主高秀
  『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
□ 長沼六男
  『沈まぬ太陽』
□ 柳島克己
  『ディア・ドクター』
□ 李 賓屏
  『空気人形』

最優秀音楽賞
MUSIC DIRECTOR OF THE YEAR

菊池成孔
『パンドラの匣』

優秀音楽賞
□ 上野耕路
  『ゼロの焦点』
□ 大友良英
  『色即ぜねれいしょん』
■ 菊池成孔
  『パンドラの匣』
□ 住友紀人
  『沈まぬ太陽』
□ 向井秀徳
  『少年メリケンサック』

最優秀美術賞
ART DIRECTOR OF THE YEAR

種田陽平/矢内京子
『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』

優秀美術賞
□ 今村 力
  『カムイ外伝』
□ 小川富美夫
  『沈まぬ太陽』
□ 瀬下幸治
  『ゼロの焦点』
■ 種田陽平・矢内京子
  『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
□ 西岡善信・吉田 孝
  『火天の城』

最優秀照明賞
LIGHT DIRECTOR OF THE YEAR

川辺隆之
『劔 岳 点の記』
『ハゲタカ』

優秀録音賞
□ 尾下栄治
  『空気人形』
  『ディア・ドクター』
□ 長田達也
  『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
■ 川辺隆之
  『劔 岳 点の記』
  『ハゲタカ』
□ 中須岳士
  『沈まぬ太陽』
□ 疋田ヨシタケ
  『ゼロの焦点』


最優秀編集賞
FILM SDITING OF THE YEAR

宮島竜治
『ディア・ドクター』

優秀音楽賞
□ 新井孝夫
  『沈まぬ太陽』
□ 上野聡一
  『ゼロの焦点』
□ 大庭弘之
  『ハゲタカ』
□ 川島章正
  『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
■ 宮島竜治
  『ディア・ドクター』

最優秀主題歌賞
THEME-SONG OF THE YEAR

JUJU
『余命1ヶ月の花嫁』

優秀主題歌賞
□ 嵐
  『ヤッターマン』
□ 小泉今日子
  『ホノカアボーイ』
□ Salyu
  『ハルフウェイ』
■ JUJU
  『余命1ヶ月の花嫁』
□ ハンバートハンバート
  『プール』

最優秀衣装デザイン賞
COSTUME DESIGN OF THE YEAR

半田悦子
『ゼロの焦点』

優秀衣装デザイン賞
□ ヴォーン・アレキサンダー

優秀衣装デザイン賞
□ ヴォーン・アレキサンダー
  ティナ・カバリス
  『GOEMON』
□ 古藤 博
  『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
□ 千代田圭介
  『TAJOMARU』
■ 半田悦子
  『ゼロの焦点』
□ 宮本まさ江
  『劔 岳 点の記』

最優秀衣装デザイン賞
COSTUME DESIGN OF THE YEAR

半田悦子
『ゼロの焦点』

優秀衣装デザイン賞
□ ヴォーン・アレキサンダー

優秀衣装デザイン賞
□ ヴォーン・アレキサンダー
  ティナ・カバリス
  『GOEMON』
□ 古藤 博
  『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
□ 千代田圭介
  『TAJOMARU』
■ 半田悦子
  『ゼロの焦点』
□ 宮本まさ江
  『劔 岳 点の記』

最優秀メイクアップ賞
MAKE-UP OF THE YEAR

若狭新一
『ヤッターマン』


優秀メイクアップ賞
□ 稲垣亮弐
  『GOEMON』
□ 江川悦子
  『カムイ外伝』
  『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』
□ 佐伯憂香
  『鈍 獣』
□ 佐藤光栄・森田 誠
  『ゼロの焦点』
■ 若狭新一
  『ヤッターマン』

最優秀視覚効果賞
VISUAL EFFECTS OF THE YEAR

野崎宏二
『GOEMON』

優秀視覚効果賞
□ 泉谷 修
  『沈まぬ太陽』
□ 澁谷紀世子・山崎 貴
  『バラッド 名もなき恋のうた』
□ 坂美佐子・太田垣香織
  『ヤッターマン』
□ 立石 勝
  『感染列島』
■ 野崎宏二
  『GOEMON』

最優秀音響効果賞
SOUND EFFECTS OF THE YEAR

柴崎憲治
『沈まぬ太陽』
『ハゲタカ』

優秀音響効果賞
□ 伊藤瑞樹
  『GOEMON』
□ 北田雅也
  『カムイ外伝』
□ 齋藤昌利
  『ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ』
□ 佐々木英世
  『劔 岳 点の記』
■ 柴崎憲治
  『沈まぬ太陽』
  『ハゲタカ』

   以上の方々に決まりました。おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

アカデミー賞授賞式リポート

アカデミー賞授賞式リポート
15時過ぎにアカデミー賞授賞式が行われる新高輪プリンスホテル会場に入り受付済ませ2階へロビーには関係者、一般客等、正装した格好で華やかです。特に女性は皆さん艶やかな衣装で綺麗です。


…席を確認すると一般最前列2列目でした!ただ中央レッドカーペット側じゃなかった…残念。後で知らされたのですが放送私達写ってました(笑)式が始まるまで時間が有るのでロビーへ戻ると、そこへトイレに向かう俳優発見!三浦友和さん!早速、トイレから出て来た亜紀パパ((笑))にみんなでサインを頂きましたw
maruさんがセカチュー大好きなんですとお話したら、みんなを見て「そうなんですか!」…と返事返してくれました。感動!(授賞式では会場内撮影は式の最中以外OK。サイン等も)

超ラッキーでしたw
…が姫に会えず残念!
いよいよ式が始まるので会場へ。(16時)

なんか授賞式って感じです!
各俳優の方々が順番にレッドカーペット歩いてきました。サインを頂いた三浦さんは渡辺謙さん達沈まぬ太陽の面々と。榮倉奈々さん背が一際デカイく可愛いです!

姫は宮崎あおいちゃんとニコヤカに談笑しながらレッドカーペット歩いて来ました。衣装は放送でご存知の通り。
中央円形テーブル12番7番席に。このテーブルはおっぱいバレー、ホッタラケの関係者ですが主演の姫と関係者2人?で同様に少ない他の受賞者も同じテーブルです。放送では、はるか姫頻繁に画面写ってましたよね!会場には大型スクリーンが三台有り前方観ながら横のスクリーンって感じです。


進行は以下の通り(時間記載)
新人賞では
愛梨さんの涙のスピーチに感動。
各受賞こぼれ話
ゼロの焦点の広末涼子さんが台本本読みで泣いたこぼれ話(16時35分)

剱岳木村監督が宮崎あおいちゃんと記念撮影の時だけヒゲ剃る話に香川さんボヤイてました。

ディアドクター 撮影場所茨城の店全てにボトルキープしてた師匠 。

進行順

最優秀脚本、美術、録音等

話題賞の発表です。プレゼンターは松山ケンイチさん。
(17時10分)
話題賞俳優部門は綾瀬はるかさんです。(松ケン)

スピーチ

俳優部門 綾瀬はるか (対象作品おっぱいバレー)


話題賞

全国の映画ファンによって選ばれる賞が『話題賞』。ニッポン放送の『オールナイトニッポン』(全国36局ネット)を通じ、一般視聴者の投票によって選出されます。アカデミー賞協会の正賞ではありませんが第3回より設定され若い映画ファンの注目を集める”賞”となっております。


作品部門受賞

アマルフィ女神の報酬


∇16時より授賞式始まりました!

今各賞発表中ですw

オールナイトニッポン放送の理由が判明ですね!
来年の話題賞プレゼンターですよw

話題賞 プレンターは松山ケンイチさん
(17時10分)
「話題賞俳優部門は綾瀬はるかさんです」松ケン

姫のスピーチ

「綾瀬はるかです
最初に嫌らしいタイトルだな〜っと
読んでみると爽やかでやってよかったなぁ…と。ありがとうございました。」


進行順
外国作品賞
グラントリノ
最優秀アニメーション作品賞
サマーウォーズ

協会特別賞

会長功労賞
スピーチ西田敏行
「釣りバカ日誌というタイトルは作品賞に選ばれないのかな…とおっぱいバレーも同様ですが(会場笑)」

優秀助演女優賞
(17時55分)
最優秀は余喜美子さん、自分自身プレゼンターで本人が受賞!
優秀助演男優賞
(18時07分)プレゼンター山崎務
最優秀は香川照之さん
涙のスピーチ
最優秀主演女優賞(18時27分)

綾瀬はるかさん、広末涼子さん、ぺドゥナさん、松たか子さん、宮崎あおいさんの立ち位置
宮崎さんインタビューの時、広末涼子さんとずっと喋ってます、はるか姫。広末涼子さんから喋り掛けられ、頷き姫です(笑)
結果、最優秀は松たか子さんでしたね。
まぁ次の楽しみに。

最優秀主演男優賞は渡辺謙さん

最優秀監督賞
木村大作さん

最優秀作品賞(19時16分)

沈まぬ太陽 (19時21分)

全ての式が終了です。
盛大な拍手の中授賞者全員再びレッドカーペット歩いて退場。

渡辺謙さんがトロフィー掲げたガッツポーズが印象深いですね。

はるか姫もファンに手を振り退場です!

来年話題賞プレゼンターですから、行きますよ!


19時30分からディナーですが過ぎてます!多少授賞式進行遅れましたからね。ディナー始まる前にアカデミー賞協会役員の挨拶が有り今回レッドカーペットが中央になったいきさつ等語りました。一般客の要望に応えたんですね。

ディナー終了後、高輪プリンスホテルロビーでくつろいでたら、渡辺謙さん一行が出て来てびっくり!ホテルでは別会場で各受賞作品のパーティーがあったようです。

サインは駄目でしたが超間近で見れました!その後、ヴィヨンの妻の根岸監督が現れサイン頂きました!ありがとうございました監督。

来年式終了後もチャンスですねw

ワイン飲み過ぎてオールナイトニッポン始まると寝ちゃいました(笑)

ホテルAM入らないのでタクシー飛ばしドン・キホーテにラジオ買いに行ったりと楽しかった授賞式一日でした。
松崎町春編や郡上八幡桜編日程も決まったし楽しかったなぁ〜♪皆さんに会うのは11月おっぱいバレーロケツアー以来でしたから。

さっ大阪帰ろう。お疲れ様です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

綾瀬はるかのオールナイトニッポン3月5日放送!

 綾瀬はるかのオールナイトニッポン3月5日放送!
1時00分〜3時00分 綾瀬はるかのオールナイトニッポン 第33回日本アカデミー賞・栄光は誰の手に!

『綾瀬はるかのオールナイトニッポン』


映画『おっぱいバレー』の制作裏話や、授賞式の感想など華やかな会場の

雰囲気そのままにお伝えします。

当日、アカデミー賞出席して夜遅くは綾瀬はるかオールナイトニッポンですか!寝れない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東野圭吾氏原作「白夜行」が映画化

東野圭吾氏原作「白夜行」が映画化


映画会社のギャガが3日、都内で、今春から来年にかけての製作、配給作品を発表、東野圭吾氏原作「白夜行」が映画化されることが分かった。同作は06年に山田孝之、綾瀬はるかでドラマ化され、昨年は韓国で映画になった人気作。監督、キャストは今後発表される。
(日刊スポーツ)


∇ドラマ同様キャスト同じでお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原色美女図鑑SP 綾瀬はるか in snow

原色美女図鑑SP 綾瀬はるか in snow

原色美女図鑑SP
綾瀬はるか in snow


週刊文春2010年3月11日号

気温はマイナス6度。粉雪が舞う中、綾瀬はるかが走る。寒くないわけはないが、笑顔が絶えない。白い肌がほんのりと桃色に染まった彼女が雪の中で笑うと、そこだけ春が来たかのようだった。

雪の中での撮影から一転、室内に移ると大人っぽい表情がのぞく。彼女ももうすぐ25歳になる。

「25歳は大人って感じがするので大人っぽいって言われると嬉しいです。でも25歳になったからといって急に何かが変わるわけじゃないから、3年くらいかけて、30歳くらいで立派な大人の女性になりたいですね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼女

彼女
僕の彼女はサイボーグ


BSデジタル−TBS3月4日(木)深3時〜5時30分 放150分 オ120分

2008年僕の彼女はサイボーグフィルムパートナーズ

▼出演者

彼女…綾瀬はるか

ジロー…小出恵介

▼スタッフ

監督:
クァク・ジェヨン

プロデューサー:
山本又一朗

▼内容

キュートなラブストーリー

 20歳の誕生日を一人ぼっちで過ごしているジロー(小出恵介)。自分へのプレゼントを買うために訪れたお店で、ボディースーツを着た彼女(綾瀬はるか)と出会う。彼女はジローが食事をしているところにワンピース姿で現れ、予想不可能な言動を次々と起こし、ジローを驚かせる。生まれてはじめてのエキサイティングな一日を過ごしたジローだったが、彼女は謎の一言を残して消えてしまった。そして一年後、再びジローの元に姿を現した彼女。彼女はそこで自分の正体を明かすのだが・・・・。


第1回『綾瀬はるかファン賞』受賞作品

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ICHI』の綾瀬はるかと『はなれ瞽女おりん』の岩下志麻

『ICHI』の綾瀬はるかと『はなれ瞽女おりん』の岩下志麻
『はなれ瞽女おりん』

この作品は篠田正浩監督が
夫人である女優・岩下志麻と組み、
多くの映画賞で主演女優賞を
受賞した名作である。
この映画の中では
北国の雪景色や海風が
寒々しく映し出されていて、
この時期見るにはぴったりなのである。
それにしてもこの作品の導入部分は
少し『砂の器』の路線を狙ったのか、
幼少期のおりんを連れ歩くシーンなどはそっくりだった。

そして、北陸訛りのおりんのナレーションが
自然にじわじわと入ってくるのがまた温かく感じさせる。
それにしても、今の女優にはない、
凛とした強さと確固たる華やかさを岩下志麻が併せ持つ。
『極道の妻たち』しか知らない同世代には、
この頃の岩下さんの熱演の数々はぜひ見て欲しい。
この映画では盲目の旅芸人の役ですから、
ずっと眼を瞑ったままの演技ということで大変だったと思う。
眼は結構感情を表現しやすいパーツだと思うが、
それを奪われての芝居となると、
どうしてものっぺらぼうのように見えてしまう。
そこを見事に演じてくださったのです。素晴らしい。

またこの回想シーンに登場する瞽女屋敷の主人役で、
奈良岡朋子が圧倒的な存在感で登場する。
包容力のある母親のような優しさと、
掟を貫く鉄のような厳しさを見事に表現してくれる。
そして何よりも、眼の見えない代わりに、
その研ぎ澄まされた聴力で全てを聞き分けるすごさ。
あまりに恐ろしいものがあり、身震いするものがあった。
しーっと見えない世界に何があるかをたどるような。
何よりも警察と憲兵がおりん(岩下志麻)の消息を尋ね、
瞽女屋敷を訪ねてきたときに、
その名前を久しぶりに聞いたときの半開きの白眼。
懐かしい響きに心揺れる様子が伺え、素晴らしかった。

それと、今では重厚感のある存在感の原田芳雄。
この頃はさすがに若いこともあって、
ギラギラした野性味あふれるワイルドな存在感を見せる。
『竜馬暗殺』や『どついたるねん』、『浪人街』など、
原田芳雄はとにかくギラギラと生命力の塊のような俳優だった。
今は渋い味わいのある俳優になったが、
そんなもんじゃなかった頃の元気な原田芳雄を
これもまたひとつ楽しめるのだ。

まずこの映画では映像美が素晴らしい。
日本の自然をひとつひとつ丁寧に切り取り、
春の訪れを示すつくしやわらびがワンカット差し込まれる。
日本映画界を支えたカメラマン、宮川一夫の力量。
さすがという他ない。遺言とまで言った覚悟の作品だったそうな。
また水の流れが生きていく女の定めを感じさせ、
それが永遠に続くことを物語っているようでもある。
そして、それは仏教の世界のような神秘的な空気を漂わせ、
武満 徹の音楽がまたしっとりと優しく、
そして、夢幻の装いを極めてゆくのである。
岩下志麻の美貌と共に、
どこかへ連れてゆかれるような気持ちになる。
魅惑的な世界が広がってゆくのである。


さて、物語は少女時代からの生い立ちを語る。
それと交錯するように平太郎(原田芳雄)の生い立ちも描かれる。
男に引かれたおりん(岩下志麻)と
寂しい少年時代を生きた平太郎は
世にあてなく、さまよい歩く者同士ということである。
だが、この平太郎はおりんを引き込むことはしなかった。
瞽女(ごぜ)とは盲目の女旅芸人のことで、
ひとつの掟として男と関係を持ってはならないという決まりがあった。
男の手に引き込まれた瞽女は落ちてしまい、
小屋から追い出され、「はなれ瞽女」として、
孤独にさまよい歩いて旅して生きるしかないのであった。
知名度をあげ始めていた西田敏行が夜這いする場面などは
どうしても、少し滑稽に思えてしまう。
というか、なおさらにも上島竜兵に似ている。


主演の岩下志麻は首筋にとてつもない色気を溜め込み、
三味線片手に歌い奏でるさまは素晴らしく、
男女の仲になることを拒む平太郎に縋りつく場面は
逆にとっても可愛らしくも思えるのである。
縁日の露店で平太郎と下駄を売っていたところ、
無断で店を出していたために平太郎が連行される。
その間に鬼の眼を盗むようにして、
薬売りの別所(安部 徹)に松林で犯される。
眼の見えないことを良いことに、
おりんの肉体を蝕もうとする男ばかりが寄りつく。
それほどに美しいものがあるのは見ていて明らかなのだが、
醜悪な男たちの欲望に巻き込まれながらも、
健気に生きていくヒロイン像をうまく演じていた。


平太郎(原田芳雄)は別所(安部 徹)を殺害していた。
おりんを手篭めにした男がどうしても許せなかったのである。
そんな折、長岡から落ちたお玉(樹木希林)と出会い、
二人旅が始まるのだが、さすが樹木希林である。
首を少し斜めに傾けて、とことこ歩くさまなどは実にうまい。
殺人事件の犯人を追う警察や憲兵がその後を追う。
ここで平太郎が脱走兵であることが判明するのであるが、
ここで登場する憲兵・袴田を演じているのが小林 薫。
当時はまだ新人俳優の小林 薫である。
まあ、若い・・・声質も今のような柔らかさがなくて、
どこか鋭さを感じさせるものがあった。
憲兵という役柄もあるだろうが、頬から顎にかけて痩せていて、突き刺すような面持ちである。
あの柔和な存在感は垣間見えない。


旅歩くはなれ瞽女の元に、盲目の少女と老婆が
この少女を引き取って欲しいと願いにくるのだが、
瞽女屋敷にいる者ではないので、
そのようなことはできないと断るのだが、
ここで行き場をなくした少女と老婆は
崖から飛び降りて自ら命を絶ってしまうのである。
何とも残酷というか、哀しい結末が
眼の見えないおりんとおたまに知らされる。
二人はあまりに辛い現実に涙しながら、
岬の果てから手を合わせて、運命を呪う。
その雪に吹かれて手を合わせる姿、
切り取られていく日本の四季はどうしても『砂の器』を思わせてならなかった。
あの親子の巡礼者に似ていたのである。


時は流れ、二人は長野県善光寺にたどり着く。
「おりん!」と呼ぶその男の声はまさに平太郎の声。
二人の再会を見届けたおたま(樹木希林)は
何とも言えぬ寂しさを漂わせた表情で、
幸せになってくれやと残して去っていく。
ようやくおりん(岩下志麻)の気持ちを受け止めた、
平太郎(原田芳雄)は再び二人で旅を始める。
そうして、福井県小浜にたどり着いた二人だったが、
とうとう触れ回された人相書きによって、
平太郎は逮捕され、おりんも袴田の厳しい尋問を受ける。


この尋問の中で盲目なことを良いことに、
屁理屈みたいなことをつらつら言ってのけるおりんだが、
その後に続いたセリフが良かった。
眼が見えないからあんさまを見たことはない。
けれども、その心にはっきりと映っているものがあった。
「おらが見たのはあんさまの心でごぜえます」
このセリフは胸に響くものがあった。
そして、独房の小窓越しに最後の面会をする。
平太郎(原田芳雄)は母親があることを詫びる。
おりんは自分にも里親として、
育ててくれた親方がいることを明かす。


解放されたおりんは久しぶりに里屋を訪れる。
だが、そには誰もおらず、不気味なことに黒猫が一匹いるだけ。
テルヨ(奈良岡朋子)は先月に亡くなっていたのだった。
武満 徹の不安定な音楽が独特の世界を築く。
本当にどこにも行く宛のなくなったおりん(岩下志麻)は
心を失って襤褸切れをまとってさまよい歩き、
誰も知らないところで死んでしまうのであった。
崖の上の山肌に赤い布が引っかかっていた。
そして、カラスの群れが集まっていた。


これほどにむなしい結末もないだろうが、
水上 勉の原作には描かれていない創作部分となっている。
ある女の一生として最後まできっちりと描き、
それ故に女の辛みや哀しさ、空しさが引き立った。
そして、終始美しく照り映えたその映像は
まさにおりん(岩下志麻)の美しい心そのものであり、
そこに鏡のように映し出された、彼女が見た世界なのであろう。
個人的にはそんな風に思っている。

∇綾瀬はるかさん主演作品「ICHI」が公開された時、真っ先に岩下志麻さん主演の『はなれ瞽女おりん』を思い浮かべました。

ICHIを見終えた時、岩下志麻さんの再来かなって。ゾクッとしたんですよね!評論家達の批評も高く同じ意見があった事覚えてますね。

『はなれ瞽女おりん』を知っている人はわかると思います。一度観て下さい。その後、「ICHI」を見るのも良いかも。

今更ながら、曽利監督の目には敬服致します。

あの若き女優の心の中に秘めた優れた才能開花させたんですから。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »